最新のエントリー
カテゴリー
カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
過去のエントリー
記事の検索
 


rss.gif atom.gif
blog-menu-bar2.png
トップへ戻る
林く〜んが世界で遊ぶ!【モンブラン登山】

こんにちは!林です!

 

少し間が開いてしまいました。

 

一所懸命書いたブログが消えた時ほど悲しい物はありません!笑

 

前回の続きになります。

 

 

 

 

 

シャモニー観光案内所にある天気予報です↑

 

木曜は4000m級で積雪20cmの予報。しかしそれから好天が続くという事だったので、

 

金曜コスミックテント泊、土曜日アタック〜下山で計画。

 

 

 

 

 

 

日本語のできるベルベナッドさんや、山岳ガイド事務所↑で頑張って山の情報を聞いて、いざアタック。

 

初の海外登山で、不安と期待が4:6ぐらいでした。

 

 

 

 

 

 

 

ロープウェーでエギーユドュミディ展望台まであがり、そこからアイゼンを装着して↑の急峻なリッジを下ります。

 

ここでお会いした日本人のご夫妻曰く、「20年前までここ一帯はなだらかな丘だった」ということです。

 

地球温暖化は思ったよりも深刻なんだと、この時初めて知りました。

 

 

 

 

 

 

とりあえず危険地帯は抜けました。

 

しかし油断は禁物。前を歩いていたハイカーがザックから水筒を落として、

 

水筒はそのまま雪面を滑りクレバスに吸い込まれていました。人が滑るわけにはいかない!

 

 

 

 

 

 

グランドジョラスを見ながら気持ちの良いハイキング!

 

 

 

 

一番低い所で、黒い点々が見えるのがコスミックのテント場です!

 

見えにくいですが、そのとなりの小高い所がコスミック小屋。

 

 

 

 

沢山のクライマーが登っていた岩峰!登りたい!

 

シャモニーは町からロープウエーで直ぐにアルパインを楽しめる所で、是非ともまた訪れたい。

 

 

 

 

 

コスミックテント場に到着!暑くて、紫外線がとても強い!!

 

また、出発点と終着点が分からない程長いロープウェーがあったりして、規模の大きさに圧倒されます。

 

 

 

モンブランへのアタックは翌日の深夜2時。それまで仮眠です。

 

昼は暑くても夜は寒く、軽量化のためのモンブランの♯3では、ギリギリ寝られない寒さでした!笑

 

 

 

 

深夜2時。

 

コスミック小屋からの大量のガイド登山者らと一緒に出発です!

 

ここまで来たら山頂を目指すだけです。不安と期待は1:9

 

 

 

 

周りを見ても、単独登山者は僕一人っぽかったです。

 

 

 

 

2時間ほど歩いて、ルート革新のモンモディの登り。

 

傾斜45度ほどでアイス混じりの登攀です。

 

 

 

 

だんだん明るくなり、ついに山頂が見えてきた!

 

 

 

後ろを振り返ってみても素晴らしい景色。

 

 

 

やはりマッターホルンは人々を魅了する山容。

 

 

 

 

日の出は近い!

 

 

 

 

モンブランのモルゲンロート!

 

本当に美しかったです。刹那の美しさ。

 

 

 

最後の登り!

 

風が非常に強く、氷のつぶてが当たってきてまともに前を向けない。

 

 

 

もうひと踏ん張り!

 

 

 

 

山頂に着いた!!グーテ小屋からも沢山の登山者がやってきました。

 

 

 

 

コングラチュレーション!テント場から4時間30分。

 

僕は英語が出来ないので、外国人も普段何を言っているのか分からないですが、

 

この時ばかりは何て言っていたのか分かる気がします 笑

 

 

 

 

4810mからの景色です。周りの山も高いです。

 

ちなみに、「モンブラン」とは日本語で「白い山」という意。

 

ブラックモンブランというアイスは、実は矛盾しているという 笑

 

名残惜しいですが、下ります。

 

 

 

 

 

かなり下りました。モンブランも見納めです。

 

このあたりから腰痛にさいなまされることに。

 

 

 

 

天気は良いですが、問題は下り。

 

気温が上がり、ぐづついた雪は何かと危険。

 

 

 

 

 

 

 

エギーユドュミディ展望台が見えてきた!

 

あの一番尖っている所ですね♪

 

 

 

 

 

これが核心のモンモディの下りです。

 

 

 

 

モンモディは上にも人、下にも人。

 

上の人のアイゼンが僕のヘルメットに当たったかと思えば、下の人にアイゼンを当ててしまう失態。

 

 

 

 

 

無事に下りました。↑がモンモディの下りです。

 

 

 

 

ここが一番怖かった斜面。ダブルアックスで慎重に下りました。

 

雪がかなりぐづついてて、一度滑ったら多分止まらないので怖かったです。

 

下にはクレバスが大きな口を開けて待っていました。

 

 

 

 

腰痛と、シャモニーで買った行動食ではシャリバテになってしまい、1時間歩いては休憩の繰り返し。

 

行動食は自分の好みを日本から持っていくべきでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きなクレバスにはしごがかかっていたりしました。

 

 

 

 

ついに近くまで来ました!

 

 

 

 

 

 

腰痛&シャリバテですが、きつい時こそ自撮り!だと思い撮りました 笑

 

スマートウールのシャツはやはりモンブランでも大活躍!

 

 

 

 

ようやく到着!結局、登りより時間がかかり、5時間半かかりました。

 

 

ロープウェーの時間に余裕があるので、2時間ほど休憩。

 

かなり念入りに風対策をしていたので良かったですが、おそらく風でへしゃげているテントもありました。

 

 

 

 

 

そしてエギーユドュミディ展望台への最後の登り。これは本当にしんどかったです 笑

 

モンブランの登りも下りもずっと一緒だった2パーティが、結局この時まで一緒でした。

 

パタゴニアからのパーティに「ハーリィハーリィ」と茶化されましたが、彼らもとてもきつそうでした 笑

 

 

 

 

 

無事に到着!

 

やはりBDのアルパインスタートフーディはどこでも大活躍!

 

 

 

 

 

 

キャンプ場まで帰ってきました。

 

隣の人はかなり使用感のあるMSRのテントでした 笑

 

 

 

観光案内所へ行き、ベルベナッドさんに下山報告。かなり喜んでくれていました。

 

ベルベナッドさんにモンベルの登山情報を聞きに来る人が多いらしいですが、

 

なかなか聞き入れてくれる人が少ないのが悩みだといわれていました。

 

 

 

 

 

そしてベルベナッドさんオススメのモンブランビールを飲みました!

 

かなり美味い!!

 

 

 

 

 

登頂祝いの晩御飯は、もちろんマクドナルド!!笑

 

 

 

 

そしてシャモニーの町は登山フェスの真っ最中!

 

 

 

 

この後日本から来てくれる仲間とツェルマットで合流する予定だったので、

 

彼らの為にモンブランビールを一本購入したのですが、

 

ツェルマットへ移動する電車内で日本人とお会いして、モンブランビールを全部飲み干してしまったのは

 

ここだけの話としておきたいと思います。

 

 

 

次回はスイスのツェルマット編です。

 

乞うご期待!

| 山とアウトドアの店ハックルベリー | 新人・林く〜んが遊ぶ♪ | 16:19 | - | - |
Copyright ©・Huckleberry 2012 All Rights Reserved.