最新のエントリー
新入荷&再入荷!!

ササエルのバナー

スピングルムーブキャンペーン開催中です!
12/6
■ナンガ・レディースオーロラダウンジャケット入荷!

12/4
■SOTO・ウインドマスター・クッカーコンボ入荷!
■SOTO・ストームブレイカー・クッカーコンボ入荷!
■トランギア・ストームクッカークラシックセット等も入荷しました!

11/30
■ユニフレーム・ネイチャーストーブ・ラージ再入荷!! 11/28
■BD・アイゼン/ビーニー/スポット等入荷しました!
■スマートウール・ネックゲイターやビーニー等入荷しました!

11/24
■ブラックダイヤモンド・シェル関係入荷!
■ブラックダイヤモンド・ハイロフトビレイパーカー入荷!
■チャムス・TCタープ入荷!

11/18
■ティートンブロスのジャケット等入荷!
■ウィンターギアも少し入荷!

11/17
■モンベルのシュラフ再入荷!
■BBQ用の炭も再入荷!

11/16
■ムラコの焚き火台など再入荷!
■ペンドルトン ブランケット等入荷!
■イスカ アルファライト1300
■ユニフレーム 焚き火テーブルラージ

11/15
■スキーアイテム入荷!
■バックカントリー関係のザックも入荷です!

11/11
■ノースフェイス ライモジャケット
■ノースフェイス WSゼファーシェルカーディガン 入荷!


11/9
■野良道具製作所 野良プレート等入荷!

11/8
■ナンガ オーロラダウンジャケット
■ナンガ オーロラライト450DX

11/7
■ノースフェイス アンタークティカバーサロフトジャケット
■パタゴニア 「ハイロフト・ダウン」や「キャプリーン・エア」など入荷しました!

11/6
■ソレルのウィンターブーツ入荷!
■ニュートラルアウトドア TCテント
■ニュートラルアウトドア TCタープ


11/4
■パタゴニア キャプリーン・サーマルウェイト・クルー
■パタゴニア キャプリーン・サーマルウェイト・ジップネック
■パタゴニア キャプリーン・エア
■バイオライト ファイアピット

11/3
■パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイト・クルー
■パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイト・ジップネック
■ノースフェイス デナリジャケット
■ノースフェイス アンタークティカバーサロフトジャケット
■ノースフェイス アイアンマスクジャケット
■ノースフェイス アイアンマスクパンツ

11/2
■ブラックダイヤモンド サークシェル
■スマートウール メリノ250ベースレイヤー


カテゴリー
記事の検索
 
カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
過去のエントリー
記事の検索
 


rss.gif atom.gif
blog-menu-bar2.png
トップへ戻る
林く〜んが世界で遊ぶ!Α撻泪奪拭璽曠襯鹽伉妻圈

こんにちは!林です!

 

 

前回の続きになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

先ずはルート概要。

 

向かって右側の斜面が北側になります。

 

ヨーロッパ3大北壁のうちの一つ、マッターホルン北壁だと思われます。

 

こちらからは見えない方が南側で、イタリア側になります。

 

マッターホルンの山頂はイタリアとスイスの国境になってるみたいです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

大体のルート図です。

 

顕著な尾根を登るルート(ヘルンリリッジルート)です。

 

ガイド登山であれば、5時間以内に山頂に立てる見込みがなければすぐに引き返すというシビアな世界です。

 

とにかく時間が勝負!

 

 

 

 

 

 

 

 

前日は夕食を終え、すぐに就寝!

 

3時30分に起床して、4時に朝食・4時半出発です。

 

緊張感MAXの中、ついに出発です!

 

 

 

 

 

 

取り付きは大渋滞です。ガイドレス登山者らは、ガイドパーティより後に出発しなければいけません。

 

僕たちはここで30分待機!

 

 

僕たちの後ろに居られたのが片山貴信さんで、日本に帰ってからも色々とお世話になりました!

 

 

 

 

 

 

 

暗い中歩くこと1時間半。ようやく明るくなりました。

 

その間写真を撮る暇もなく神経を尖らせて歩きました!

 

 

 

 

前に見える小屋がソルベイ小屋です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ソルベイ小屋直下の登り。

 

+程度の登りだったかと思います。念のためヨーロピアンビレーで。

 

 

 

 

 

 

 

ソルベイ小屋に到着!

 

僕たちは2時間程で到着。かなり順調に登ることが出来ました!

 

シュラフに身を包んでいる人達が居ました。ここに泊まっていたのでしょうか?

 

 

しかし、よくこんな所に小屋を建てたなぁ!といった感じです!

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは割と分かりやすい、すっきりした尾根を登っていきます。

 

迷うことはありませんが、登りの核心はこれからです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソルベイ小屋には何回かヘリコプターが飛んできてました。

 

レスキューしていたのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山頂が近くなり、いよいよ雪が出てきました。

 

ここからはアイゼンを装着です。

 

この年は雪が少ない、との事でした!

 

 

 

 

 

 

いよいよフィックスロープ(固定ロープ)帯です。

 

高度感もあれば人もすごい混雑してます。しかし山頂まで残り僅か!

 

気を引き締めて登ります。

 

 

 

 

 

 

 

登る人と下る人、日本では登りが優先ですがスイスのガイドパーティはガンガン下ってきます。

 

遠慮をすると一生登れない感じです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高度感はバッチリ!

 

ツェルマットの街まで一望できます。

 

 

 

 

 

いよいよ最後の急峻な雪稜の登りです!

 

 

 

 

 

 

 

有名な像が見えました!山頂は目と鼻の先!

 

 

 

 

 

 

 

山頂に到着です!

 

時刻は9時30分。4時間半ほどで到着でした!

 

 

 

 

 

 

 

天気が良くて最高です!

 

奥の人が居る所がイタリア側の山頂になります。

 

 

 

 

 

 

 

パートナー、そして日本で応援してくれていた人たちのお陰で登りきることが出来ました!!

 

本当に感謝です。

 

人から受けた恩を、さらにまた他の誰かに恩を送れたら良いなと思いました!

 

 

 

 

 

 

イタリア側の山頂からスイス側の山頂を望みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

10時ごろ下山開始。

 

喜びもつかの間、まだ安心はできません。

 

下山が核心!

 

 

 

 

 

ここの下山はほんと〜に怖かったです!

 

 

 

 

 

無事にフィックスロープの最下部まで下山!

 

 

 

 

 

 

何度か懸垂下降をします。

 

ヘルンリヒュッテは見えるのですが、ここからが本当に迷路でした。

 

何度も道を間違えましたが、バディの記憶力に助けられました!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

取り付きまで無事に降りてくることが出来ました!

 

時刻は15時30分。下りは5時間半かかりました。

 

 

 

 

 

 

 

ヘルンリヒュッテの無料Wifiで下山報告をして、下山開始です!

 

 

 

 

 

 

 

ヘルンリヒュッテでもう一泊するほどの金銭的余裕も無いので (笑)

 

ロープウェーの最終時間までに間に合うように走って下山!笑

 

 

 

 

 

無事に街まで降りました!

 

 

 

 

 

 

またいつか、登りに来たいと思います!

 

 

 

 

 

 

この日もお祝い膳を頂くことに!笑

 

 

当初は、定番となってしまっていたマクドナルドで食べようと話していましたが、(笑)

 

「せっかくだからチーズフォンデュを食べよう!」ということで、

 

チーズフォンデュとエスカルゴを食べました!笑

 

美味しかったです!

 

 

 

 

 

 

登山を始めた時からいつか登ってみたかった山に登れて、本当に嬉しかったです。

 

これも、今回一緒に登ってくれたパートナーをはじめとして、

 

これまで周りで支えてくれた人たちがあったからこそだと思いました!

 

自分に限界さえ作らなければ、高い低い関係なく登山には限りない夢があると思います。

 

だからこそ登山は面白い!

 

 

次回はスイス出国〜タンザニア入国編です。

 

乞うご期待!

| 山とアウトドアの店ハックルベリー | └世界で遊ぶ | 16:34 | - | - |
Copyright ©・Huckleberry 2012 All Rights Reserved.